スキーレッスン

こどもがスキーを嫌いになるワケ

パンダルマンマジックレッスンはこんな問題をすべて解決しました。

wake

パンダルマンオリジナルスキー

教材としてお貸し出しする板は従来の板よりも短くターンや歩行がしやすく独自開発したものです。
受講者全員にお貸し出しいたします。(レッスン料金に含まれております。)
また、レッスン中はご自身でお持ちの板は使用いたしません。

wake1ヘルメット

インストラクターが足のサイズを図り、子ども一人ひとりに合ったサイズのものをインストラクターがセッティングいたします。

子どもたちを頭部外傷の危険から守るためにパンダルマンではヘルメットも教材に含まれております。

 

 

 

体操から人工マットレッスン(約1時間※目安です)

人工マットゲレンデは雪ではないので濡れずに寒い思いをせずに練習ができます。
レッスン時の格好はここをクリック

  • パンダルマンと体操
  • スキーフィッティングします。インストラクターが板を選びはかせます。
  • 滑らない坂をスキーをはいて下ります。良いポジションを自然に習得できます。
  • 一番スピードの遅いマットで滑る感覚をつかみます。ゆっくりなので後傾になりません。
  • ボーゲンで滑って止まる練習をします。教材を使って遊びながら練習します。

人工マットでスキーに慣れたら、今度は雪のレッスン専用ゲレンデで滑ります。おもちゃのようなレッスン教材で遊んでいるうちに自然とスキーが滑れるようになります。経験者も最初は人工マットゲレンデでレベルに応じたレッスンを行います。

wake2

※レッスン進行の時間は目安です。インストラクターの判断により配分が変わる事がございます。
※4時間レッスンでも午後のレッスンはマットゲレンデからスタートします。午後レッスンの内容は上達に応じてステップアップしたレッスンを行います。

着替えから雪上レッスン(約1時間 ※目安です)

スキーウエアに着替えて雪のレッスン専用ゲレンデに移動します。レベルに応じて移動するゲレンデが異なります。

初心者レッスン例

  • デビューゲレンデのおさんぽゾーン雪に慣れるためにスキーをはいて歩行します。
  • 雪の斜面をまっすぐ滑ります。教材アイテムを使ってゲーム感覚で楽しく練習します。
  • さんかく(ハの字)で止まる練習をします。だるまさんが転んだなど遊びながら止まる練習をします。

※上記はあくまでも例で上達により進行は異なります。

wake3

このページの先頭へ